123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-10-22 (Wed)
なんだかんだで今回も遅くなりましたが
先月の武豊TVの内容を振り返っておきたいと思います。
今回は2時間SPでメインはセレクトセールでのロケと
ジョッキー座談会でしたがシャーガーカップとジャックルマロワ賞の
模様も少し触れていました。
ジャックルマロワ賞で乗ったナタゴラについては
日本に来るんじゃないかと言っていましたが
どうやらマイルCSにくるようですね。
血統的には日本に合うようなことを向こうの関係者に
言ったようですが今年のジャックルマロワ賞は
レベル的にはイマイチだったようなことを言ってました。

セレクトセールのロケは
最初のゲストは国枝調教師。
管理しているマツリダゴッホは秋は有馬記念が大目標で
その間の東京コースの天皇賞とJCは
どうするか考え中とのことでした。
そして来年も現役を続けて来年は
海外遠征も視野に入れているそうです。
それと2歳ではダノンベルベールの話しを
少ししていましたが他にも隠し玉がいるそうです。
次は鹿戸調教師と松永幹夫調教師。
鹿戸調教師は1年目松永調教師は2年目と
いうことで2人とも厩舎が開業してまもなく
その苦労話みたいなことをしていました。
最後のゲストは松田国調教師。
個人的には去年一番おもしろかった人なので
再登場は楽しみでした。
松田国調教師がよくやるNHKマイルからダービーという
ローテーションは将来種牡馬にした時に
短期間に1600と2400を勝ち抜いていくということができないと
種牡馬としてなかなか生き残っていけないというのを
見越してああいうローテーションを組んでいるそうです。
それと仔馬を選ぶときはおもに
飛節(馬の後脚の大きく屈曲した部分で人間でいう足首)を見るそうで
今は坂路などがあるので前脚とかは曲がったりしていても
ある程度持つそうです。
また元トラックマンだそうでこれはかなり珍しいと思うんですが
トラックマンの時に当時のトップジョッキーやトップ調教師に
話しを聞く機会が多くありその時の経験が
今の調教師をやっていく上ですごく役立っているそうです。

ジョッキー座談会は石橋守、川田、そして関東のジョッキーとして
番組初登場の吉田隼人の各騎手が参加でした。
石橋騎手が競馬学校1期生武豊騎手が3期
そして川田騎手と吉田騎手が20期とかなり世代差が
あるメンバーでした。
話題は夏の滞在競馬についてなど。
滞在の時は不便なので車を送っておく人が多いそうです。
関東と関西では寮生活も違うようで
関西では洗濯などいろいろ寮の人がやってくれるそうですが
関東では自分でやるなど関東と関西の違いをいろいろ
語ってました。
それと20期は競馬学校時代に成績が貼り出されることが
増えたりしたことで(ちなみに首位は毎回津村騎手だったそうです)
同期の間でライバル意識が強く川田騎手が
皐月賞を勝った時は同期の吉田隼人騎手や藤岡佑介騎手は
本気でくやしがっていたそうです。
全体的に川田騎手がハキハキしゃべっていた印象が強かったです。
座談会の模様は次回も続くそうです。
| 日記 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。