123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-11-25 (Sun)
今週のみんごるは大会に初めて2ケタの10回参戦して
準1入賞3圏外6という結果でした。
初めて準をしたんですが今週は全体的にあまり
調子がよくありませんでした。
来週は今は顔パーツがひどいのしか無いので
準以上してなんとか顔パーツゲットしたいです。

さて今週は今月分の武豊TVについて。
今月は通常のコーナーの他に新しいコーナーとして
若手ジョッキーの質問に武豊が答えるというのを
やっていました。今回は鮫島騎手が「折り合いのつけ方」
について質問してました。
一応同じプロ同士なのにこういうことを聞くのも
どうなんだと思いましたがw
まあ武豊はまじめに答えてました。

まず引っかかってしまった場合は無理に折り合いを
付けようとせずそのままいかせてしまったほうが
馬群の中で壁を作ったりするよりも良いそうです。
ただ前提として「引っかかったらどうするか」を考えるよりも
「引っかからないようにもっていく」ことだそうです。
そのために気をつけていることは

「返し馬では早いキャンターはしない」
コースでゆっくり走ることを覚えさせるんだそうです。
返し馬で引っ掛かってるような馬は本番でも
引っ掛かる確率は高いと言ってました。

「馬によってゲートの出し方を変える」
掛かる馬はスタートで少しでも勢いをつけてしまうと
そのまま行ってしまうことがあるので
わざとゆっくり出すこともあるそうです。
ドリームジャーニーの菊花賞などは出遅れと言えば
出遅れだがわざとゆっくり出したそうです。

「馬が落ち着く場所でレースを進める」
スタート後の他馬の位置取りを事前に考えて
掛かる馬は併走する形になると掛かる確率が高まるので
あまりまわりに馬がいないような馬が落ち着く
場所でレースを進めるようにするそうです。

その他で印象に残ったのは3000勝達成記念で
お祝いみたいのをやったんですがその中で
頑張れば5000勝まで行けそうと言ってました。
年間200勝ずつしていっても後10年はかかる計算ですが
一体何歳まで乗るつもりなんでしょうw
まあ今月の内容はこんなとこでした。
あ、番組の内容とは関係ないんですが
フローテーションという栗毛の綺麗な馬が
紹介されていたんですがそれを見てトウショウファルコを
思い出した俺はやっぱりもういい歳なんでしょうか?w

先週グラコロの話題を書きましたが早くも2回食べました。
やっぱりおいしー^^
期間限定なので後2~3回は食べたいですね。
| 日記 | COM(4) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。